UNIVA JAPAN

HOKKAIDO PROJECT北海道プロジェクト

北海道プロジェクト
エコを超える。働き方を創る。そして生き抜く。
日本が抱える3大問題「エネルギー自給」「地方過疎」「少子高齢」を宿泊・滞在システムで解決!
自身はもとより、こども、孫の世代のためにできること。
2100年を睨んでの一歩、北海道からスタートします。

日本が抱える3大問題とは

エネルギー自給

化石燃料の自給率が低い日本は、エネルギー自給率が約11%と低く、エネルギー資源のほとんどを海外からの輸入に頼っています。
そういった状況の中で、いかにエネルギーを多様化し、供給構成構成を考える上では安定供給、経済効率性、環境への適合、安全性といった多角的な視点から方針を検討する必要があります。

地方過疎

地域における急激な人口減少が進み、過疎問題が深刻化しています。過疎化が起きた地域は、インフラや行政サービス、生活に関連するサービスの低下が起こり、さらに人口減少を起こします。地方の多くは、農業や林業、漁業といった第一次産業を主として成り立っており、都市部への供給にも大きな影響が出るなど、地方だけの問題にとどまりません。

少子高齢

日本は、人口に占める高齢者の割合が増加する「高齢化」と、出生率の低下により若年者人口が減少する「少子化」が同時に進行する少子高齢化社会となっています。
さらに地方では、都市部への生産人口の流出によりその影響が著しく、地方過疎&少子高齢により自治体の維持、産業の維持が困難になるケースも見られます。

この課題を解決する地球貢献型宿泊・滞在システム
「北海道プロジェクト」がまもなくスタート!

北海道プロジェクト